サムスンがNVIDIAの次世代GPUで3nmの受注獲得を目指している模様

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

サムスンがNVIDIAの次世代GPUで3nmの受注獲得を目指している模様

サムスンの3nmプロセスはQualcommやMediaTekと言った大口顧客から受注の見込みはあったものの、顧客側が定めた歩留まりの基準を満足できなかったほか、TSMCに対して歩留まりが劣っているなどにより受注を逃してしまっています。そのため、サムスンの3nmプロセスは同社が開発中のスマートフォン向けチップセットのExynos 2500やスマートウォッチ向けチップセットのExynos 1000Wの生産しかなく、稼働率は極めて低いと言われています。そのため、直近の決算ではDRAMなどは好調だったものの、ファウンドリー事業は赤字のままであることが明らかにされていますが、この状況を打破すべくサムスンでは3nmプロセスで超大口顧客かつ過去に8nmの生産を担当したNVIDIAから次世代GPU向けに3nmプロセスの受注獲得に向けて社内プロジェクトを立ちあがている事が明らかになっています。

この社内プロジェクトはサムスン内で『Nemo』と言うコードネームが付けられており、NVIDIAからの受注を獲得するために英語に精通した人材を各部門から引き抜きNVIDIAからの受注獲得に向けた営業活動や提案活動に従事する事が計画されているとのことです。ちなみにこの『Nemo』はNVIDIAを指すコードネームだそうです。

サムスンの3nmプロセスはTSMCなどが採用している旧来のゲート構造のFinFETからリーク電流などが抑制できる次世代ゲート構造のGAAを採用する事でFinFETより電力効率が上がるなどTSMC 3nmに対して技術的なアドバンテージがあると言われています。ただ、このGAAは新構造であり、サムスンも第1世代3nmプロセスを用いて量産されている製品はない事から性能は未知数で、歩留まりもQualcommやMediaTekなどの要求であった70%を超えていなかったと言われています。

また、第1世代で弱点だった歩留まりやコスト改善などを盛り込んだ第2世代3nmについては最近の報道で2024年下半期にExynos 2500などの量産を目指しているものの歩留まりは20%台と絶不調であることが明らかになるなどNVIDIAが魅力的に思えるような技術的なアドバンテージがあるのか疑問と言えるような状況になっています。

NVIDIAとサムスンの信頼関係も微妙な状況で、直近ではNVIDIA向けに作っていたHBM3EがNVIDIAの基準に満たなかったという話があるほか、過去にGeForce RTX 3000シリーズでサムスン製8nmを使った際には歩留まりが悪くTSMCに切り替える可能性が噂されるなどNVIDIAがすんなりとサムスンファウンドリーを採用する可能性は現時点では低いと言えそうです。

ただ、NVIDIAとしても地政学的リスクがある台湾に拠点を構えるTSMCだけに頼ったサプライチェーンは危険と言う認識を持っており、過去にはIntelのファウンドリー採用を検討している事を明らかにするなどサプライチェーンの多様化に向けて動いている様子はあります。そのため、サムスンの3nmを使ってNVIDIA GeForce RTX 6000シリーズが作られるかは分かりませんが、廉価版モデルのみサムスンで作り、サーバー・データセンター向け製品などのハイエンドモデルはTSMCで作ると言ったデュアルソーシングなどのアプローチが取られる可能性はあるかもしれません。

コメント

サムスンファウンドリーは3nmや将来的には2nmなど先端技術の研究開発を続けてはいるものの、TSMCほど顧客が付くケースがここ最近は減っており、このままでは先端技術を採用したファウンドリー事業の存続自体怪しくなってしまいます。そのため、サムスンがNVIDIAのみならずQualcommやMediaTek、AMDなど大口顧客を掴むためにプロジェクトチームを発足するのは自然な流れと言えます。

サムスン製チップは企業側から見ると歩留まりが悪い、消費者側は爆熱と言った感じで評判は良くありませんが、サムスンが先端プロセス競争から降りることになると先端プロセスはTSMCが大部分を担う事になりリスクも高くなるためサムスンの挽回に期待したいところです。

ソース

‘니모를 잡아라’..삼성전자, 파운드리도 엔비디아 수주 최우선 전략 가동 | FN News

https://www.fnnews.com/ampNews/202405201303198183

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

  • Ampereの爆熱でSAMSUNGに良い印象がないのでNVIDIAにはこのままTSMCで何卒…

コメントする

目次