Google Pixel 9搭載Tensor G4のベンチマーク登場。性能は大きく向上せず?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!

この記事はリーク情報に基づいています。詳細はリーク情報の見方とその注意点を解説した記事をご確認ください。
【リーク情報確度:4】

目次

Google Pixel 9搭載 Tensor G4のベンチマーク登場。性能は大きく向上せず?

Googleは2024年後半にPixel 9シリーズを発売予定で、メモリー容量は現行Pixel 8に対して拡大するほか、内蔵するチップセットはPixel 8搭載のTensor G3からTensor G4にアップグレードが行われると言われています。今回は、そんなPixel 9の実機を入手したRozetkedが同機のAnTuTuベンチマークを計測した結果がリークし、Tensor G4の一部仕様や性能について明らかになりました。

Pixel 9に搭載されるTensor G4はPrimeコア、P-Core、E-Coreを混ぜ合わせたハイブリッド構成で、合計8コアを搭載しています。コア構成は1コアのPrimeコアであるCortex-X4が3.1 GHz、3コアのP-CoreのCortex-A720が2.6 GHz、4コアのE-CoreのCortex-A520が1.95 GHzで動作しています。動作クロックは今後変動する可能性がありますが、コア構成はこれで固定されているといえ、Pixel 8に搭載されているTensor G3に対してP-Coreが1コア減少し、合計コア数は9コアから8コアに減っています。

コアの種類Tensor G4Tensor G3
Primeコア1x Cortex-X4 (3.1GHz)1x Cortex-X3 (2.91GHz)
P-Core3x Cortex-A720 (2.6GHz)4x Cortex-A715 (2.37GHz)
E-Core4x Cortex-A520 (1.95GHz)4x Cortex-A510 (1.7GHz)

搭載されているコアのアーキテクチャーを見ると、Tensor G4はサムスンのExynos 2400をベースにしたチップセットである可能性が高いものの、Exynos 2400ではCortex-A720が合計5コア搭載されているため、このTensor G4はPixel 9用にコア構成などがカスタマイズされているようです。

ちなみに、コア数が減る原因としてはTensor G4ではExynosをベースにGoogle独自にAIや機械学習用ブロックをチップ内に追加しているためと言えます。

肝心なベンチマークのスコアは画面左からPixel 9 Pro XLが約118万ポイント、Pixel 9 Proが約115万ポイント、Pixel 9が約107万ポイントを記録しています。

Pixel 8 Proがだいたい110万ポイント前後、Pixel 8が95万ポイント程度であるため、Pixel 9 Pro XLやPixel 9 Proでは5~7%程度性能が向上し、Pixel 9はPixel 8に対して約13%の性能向上が記録されています。

現時点でPixel 9シリーズは開発中であり、動作クロックの調整に加えソフトウェア、ハードウェアの最適化作業が発売前まで行われるため発売される頃にはもう少し性能が向上すると考えられます。

ただ、ベースのExynos 2400に対してTensor G4はコア数を2コア減らしているため、Exynos 2400搭載のGalaxy S24で記録されている150万ポイントを超えることはほぼ不可能で、行けても120万ポイント程度に落ち着くと考えられます。

こうなると性能は良くてもSnapdragon 8 Gen 2を少し超えるレベルで、Pixel 9シリーズの発売と同時期に投入されるSnapdragon 8 Gen 4やDimensity 9400に対しては性能が大きく劣る状況となるなど、過去のPixelシリーズと同じくチップセット性能が同スマートフォンの弱点になりそうです。

コメント

Google Pixel 9に搭載されるTensor G4はExynos 2400をベースにGoogleがカスタマイズしたチップセットになっているため、そこそこ高い性能が期待できましたがP-Coreが2コア減ると言う事でピーク時の性能は制約される事になりそうです。ただ、Pixelシリーズのチップセットは例年、同時期に登場する競合モデルに対して性能が低いのは当たり前になりつつあるため、チップセットの性能以外で何か飛びぬけた機能があるのか注目です。

なお、Pixel 9搭載のTensor G4はサムスンファウンドリーそして、サムスンExynosベースになる最後のチップセットとなり、2025年に発売されるPixel 10とTensor G5はGoogleが独自開発するチップセットになり、製造もTSMC 3nmを使うと言われています。

ソース

Эксклюзив: результаты тестов Pixel 9, 9 Pro и 9 Pro XL | ROZETKED

https://rozetked.me/news/33532-eksklyuziv-rezul-taty-testov-pixel-9-9-pro-i-9-pro-xl

補足情報

Google Pixel 9 Proは2024年秋以降に発表が予定されているPixel 9シリーズの中のハイエンドモデルで、Tensor G4プロセッサなどに刷新されるほか、カメラの性能が若干上がると言われています。

製品ジャンルメーカー製品名発売予定時期
スマートフォンGooglePixel 9 シリーズ2024年秋以降

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次