Google Pixel 10搭載のTensor G5はTSMC 3nmを採用。性能大幅向上?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Google Pixel 10搭載のTensor G5はTSMC 3nmを採用。同世代SoCと競合へ?

GoogleのPixelに搭載されているTensorプロセッサはサムスンのExynosをベースに開発されている関係から最新世代のTensor G3に至るまで、同時期に登場しているQualcommのSnapdragonやMediaTekのDimensityに対して性能面で大きく劣るという状況が続いていました。

また、Google側もサムスンにプロセッサを開発してもらうため自由度が少なく、ここ最近Pixelのシェアも伸びていることからGoogleは2025年に発売するPixel 10搭載のTensor G5からプロセッサを完全独自開発する事を計画していますが、この製造プロセスについてGoogleはTSMCと連携するとともい最近設立された台湾での開発拠点で現地の半導体エンジニアを大量に採用していることが明らかになっています。

リーカーのRevegnus1氏によるとGoogleは2025年に投入予定のPixel 10シリーズに向けて開発を進めているTensor G5についてTSMCの3nmプロセスを用いて製造することを計画しているとのことです。また、併せてGoogleが最近拡大した台湾での開発拠点ではTSMCとの連携を深めることを念頭に現地の半導体エンジニアの採用も積極的に進めているとのことです。

2025年時点でTSMCが予定している製造プロセスの最新版はN3Eを改良したN3Pが存在しますが、Googleは既にTensor G5向けにテスト設備の導入を進めているとも言われているため、おそらくTSMC N3Eを採用すると見られています。

このN3EプロセスはApple M4、QualcommのSnapdragon 8 Gen 4、MediaTekのDimensity 9400で採用されると言われていますので、製造プロセス上はこれらのプロセッサと同等レベルの性能が期待できます。ただ、このほかにGoogleは独自開発で高度な処理が可能なNPUをTensor G5に搭載すると言われているため、CPU性能などが近くてもAIを用いたカメラや処理において競合を大きく上回る機能を獲得する可能性があります。

コメント

GoogleのPixelシリーズはチップセットが競合に対して劣るディスアドバンテージがありましたが、カメラ機能やAI機能を武器に人気を獲得していました。これらの機能に加えて、最大の弱点だったチップセットの性能が改善されればPixel 10シリーズに関してはかなり人気の機種になるかも知れません。ただ、少々心配なのがTSMC N3Eはコストが非常に高いと言われているため、Pixel 10やPixel 10 Proなどハイエンドモデルの値上げは必須と言え、ミドルレンジとして投入されるであろうPixel 10aに関してもガッツリ値上げされる可能性がありそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次