AMD Ryzen 9 9900Xのベンチマークが登場。驚異的な電力効率に

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!

この記事はリーク情報に基づいています。詳細はリーク情報の見方とその注意点を解説した記事をご確認ください。
【リーク情報確度:4】

目次

AMD Ryzen 9 9900XのCinebench R23ベンチマークが登場。PBO状態のRyzen 9 7900Xを13%上回る性能を30%低い電力で実現

AMDが2024年7月31日に発売するRyzen 9000シリーズは、ハイエンドからミドルレンジモデルまで合計4モデルが投入される予定です。その中で、上から2番目の性能を持つRyzen 9 9900Xのベンチマークリーク情報が登場しました。

Ryzen 9 9900Xは12コア24スレッドのハイエンドCPUで、12MBのL2キャッシュと64MBのL3キャッシュ(32MB×2)を備え、合計76MBのキャッシュ容量を持ちます。動作クロックはベースが4.4GHz、ブースト時の最大は5.6GHzに設定され、TDPは120Wです。

このRyzen 9 9900Xは、Ryzen 9 7900Xと比較するとベースクロックが300MHzほど引き下げられている一方、TDPが170Wから120Wに大幅に減らされています。

しかし、TDPが減らされているにもかかわらず、電力効率の大幅な向上により性能は向上しています。Ryzen 9 9900XはCinebench R23でマルチコアスコアが33,000ポイントを獲得し、先代のRyzen 9 7900XのPBO設定状態で記録された29,234ポイントに対して約13%の性能向上を実現しています。

電力効率に着目すると、Ryzen 9 7900XのTDPが170Wであるのに対し、Ryzen 9 9900Xは120Wで約30%減少していますが、上述の通り性能が13%向上しており、非常に高い電力効率を示しています。

また、Ryzen 9 9900XでPBOを有効化しTDPを170Wに設定した場合、同条件のRyzen 9 7900Xに対して18%の性能向上を記録しています。しかし、TDPを120Wから170Wに約40%上げても性能が大きく向上するわけではなく、性能が頭打ちになっている様子が鮮明になっています。そのため、このCPUは消費電力と性能のバランスを考えると、定格での運用以外はしない方が良いかもしれません。

コメント

AMDのRyzen 9000シリーズでは性能がRyzen 7000シリーズより高められていますが、Ryzen 9 9950Xを除くモデルではTDPが引き下げられているなど電力効率が相当上がっていると見られていましたが、実際にRyzen 9 9900Xのベンチマーク結果を見る限り、電力効率はかなり高いと言えそうです。ただ、TDPを上げ、PBOを有効にしても性能があまり大きく上がっていないため、上述の通り定格での運用は良いですが、オーバークロックなどをしても性能はそこまで上がらないかもしれません。

ソース

AMD Ryzen 9 9900X 12-Core “Zen 5” CPU Performance In Cinebench R23 Leaks, 20% Uplift Over 7900X With PBO | wccftech

https://wccftech.com/amd-ryzen-9-9900x-12-core-zen-5-cpu-performance-in-cinebench-r23-leaks-20-uplift-over-7900x-with-pbo

補足情報

AMDのRyzen 9000シリーズは海外では2024年7月31日、日本では8月3日か10日に発売される予定のデスクトップ向けCPUになっています。性能はZen 5アーキテクチャーとTSMC 4nmプロセスを採用したことで大きく向上するほか、電力効率も上がっていると言われています。

製品ジャンルメーカー製品名発売予定時期
CPUAMDRyzen 9000シリーズ2024年7月31日

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次