AMD Ryzen 9 5900XTとRyzen 7 5800XTも7月31日発売へ。AM4対応CPUが再び登場

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

AMDのソケットAM4対応CPU、Ryzen 9 5900XTとRyzen 7 5800XTが2024年7月31日にRyzen 9000と同時発売へ

AMDでは2024年7月31日にZen 5アーキテクチャーを採用したデスクトップソケットAM5向けCPUとしてRyzen 9000シリーズを発売する予定ですが、同じ日に2020年に登場したZen 3アーキテクチャーを採用するソケットAM4向けCPUであるRyzen 5000 XTも発売予定であることが明らかになりました。

Ryzen 9000シリーズと同時に発売されるのはRyzen 9 5900XTとRyzen 7 5800XTの2モデルでとなっており、BHPhotoのページに7月31日発売であることが記載されている事が発見されています。

Ryzen 9 5900XTでは合計16コア32スレッド構成で、動作クロックは最大4.8 GHz、TDPは105Wに設定されるハイエンドモデルになっており、Ryzen 9 5950Xに対して動作クロックが0.1 GHz下がっただけのモデルになっています。

Ryzen 7 5800XTは合計8コア16スレッド構成となり、動作クロックはRyzen 7 5800Xに対して0.1 GHz向上した最大4.8 GHzで動作し、TDPは105Wに設定されます。

このCPUのパフォーマンスに関してはAMDの公式ベンチマークによるとCore i7-13700KやCore i5-13600KFに遜色がない性能であるとのことです。ただ、これは一部ゲームに限った話であり、例えば動画エンコードやレンダリングと言った高負荷な作業ではCore i7-13700Kの方が優れたパフォーマンスを発揮すると考えられます。ただ、逆に言えばゲーミングPCなどを組み立てるのであれば特にパフォーマンス面で差異は感じられないとも言えます。

Ryzen 5000XTシリーズの価格の詳細は明らかになっていませんが、現行のRyzen 7 5800Xが34,800円、Ryzen 9 5900Xが47,800円で販売されているため、Ryzen 7 5800XTについては4万円行かないぐらい、Ryzen 9 5900XTは5万円前半ぐらいで最初は発売されるものと見られています。

コメント

AMDのRyzen 5000シリーズは2020年に発売されていますが、既に4年近く経過してもまだまだ新モデルが投入されるなど長寿なCPUになっています。この理由がコストパフォーマンスが高いからなのか、単純に半導体不足が顕在化し、その時にチップレットを作りすぎてしまったのかは不明ですが、ソケットAM4自体を使っているユーザーもまだまだ多いと考えられるため、これらのソケットを使っているユーザーでZen 2など古めのCPUを使っている場合はRyzen 5000XTを検討してみても良いかもしれません。

ただ、個人的にはZen 2など古めのCPUであればソケットAM5に乗り換えてRyzen 9000やRyzen 9000X3Dに乗り換えた方が良いと思います。特にソケットAM5に関しては2026年ぐらいに発売されるZen 6もサポートされると言われているので、今から乗り換えてもあと1世代は最新世代のCPUを搭載できます。

ソース

AMD Ryzen 7 5800XT 3.8 GHz Eight-Core AM4 Processor | BHPhotos

https://www.bhphotovideo.com/c/product/1834132-REG/amd_100_100001582box_ryzen_7_5800xt_3_8.html

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次