GeForce RTX 4060の3DMarkベンチマークが登場。RTX 3060 Tiに対し最大17%劣る結果に

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
この記事は最終更新日から1年経過しています。掲載内容や情報が古い可能性があります。
  • URLをコピーしました!
目次

NVIDIA GeForce RTX 4060の3DMarkベンチマークが登場。RTX 3060 Tiに対して最大17%劣る。

NVIDIAでは2023年6月29日にメインストリーム向けのRTX 4000シリーズとなるGeForce RTX 4060の発売を予定していますが、今回このRTX 4060の3DMarkベンチマークの計測結果がVideocardzより登場しました。

NVIDIA GeForce RTX 4060 is on average 23% faster than RTX 3060 12GB in 3DMark tests – VideoCardz.com

このGeForce RTX 4060の仕様についてはGPUコアにはエントリー向けに設計されたAD107 GPUを搭載し、合計3072基のCUDAコア、128-bit接続のGDDR6を8GB搭載する仕様となっており、RTX 3060よりCUDAコア数やバス幅が減っていますがL2キャッシュの増量や動作クロックの向上などでRTX 3060を超えるパフォーマンスを発揮できる設計になっておりNVIDIAによるとゲーミングではより少ない消費電力でありながら20%高い性能を発揮すると発表されています。

[visualizer id=”29108″ lazy=”no” class=””]

3DMarkベンチマークの中では比較的負荷が軽くDirectX11で描写されるFireStrikeについてはGeForce RTX 4060は先代のRTX 3060 12GBに対して1080pでは19.8%、1440p(Extreme)では23.4%、4K (Ultra)では19.4%という事で解像度を上げると性能が落ちるという事はなく、平均して20.9%の性能向上が記録されています。ただ、性能的にはRTX 3060 Tiには1080pや1440pでは10%劣っている他、4Kではバス幅の狭さが影響しているのか16.5%と大きく劣る結果になっています。

また、ライバルのRadeon RX 7600に対しては15%近く劣る結果になっていますが、3DMark FireStrikeについてはRadeonでは高いスコアが出る傾向にあります。

[visualizer id=”29104″ lazy=”no” class=””]

負荷が高めでDirectX12を採用している3DMark TimeSpyにおいてはGeForce RTX 4060は先代のRTX 3060 12GBに対して1440pでは30.3%、4Kでは32.7%と大幅向上しています。また、RTX 3060 Tiとの比較では3~5%劣る程度になっており、DirectX12を採用する最新のゲームでは比較的高い性能が期待できるかもしれません。

なお、Radeon RX 7600と比較するとRTX 4060が5~6%優れている結果となっていますが、差が小さくほぼ同等レベルの性能と言えそうです。

[visualizer id=”29100″ lazy=”no” class=””]

レイトレーシング系の性能を計測するSpeed WayとPort Royalにおいては、RTX 4060は先代のRTX 3060 12GBに対してSpeed Wayでは16.6%、Port Royalでは17.2%とレイトレーシング性能の改善分が反映された結果になっています。ただ、レイトレーシングでは多くのメモリー帯域幅を消費する関係からなのか、RTX 3060 Tiと比較するとSpeed Wayでは14%、Port Royalでは13.5%と性能が大きく劣る事が明らかになっています。

なお、Radeon RX 7600と比較するとレイトレーシング関係に強いNVIDIAらしくRTX 4060の方がSpeed Wayでは29%、Port Royalでは10%で平均19.5%と大きな差が開いています。

RTX 4060については先代のRTX 3060に比べると性能面では進化したモデルにはなっていますが、3DMarkベンチマークの結果を見る限りRTX 3060 Tiを超える事はレイトレーシング含めてどのケースにおいても達成できていません。また、3DMark FireStrikeやレイトレーシング系では10%以上劣るなど少々微妙な結果になっています。

特に、価格面に注目するとRTX 4060は発売時の最安値は52,800円に設定される一方で、RTX 3060 Tiは4.8万円台で購入が可能になっておりRTX 4060に搭載されるDLSS 3.0やAV1エンコードなどに興味が無ければRTX 3060 Tiを買った方が安い価格でどんな場面でも高い性能を期待できる結果になっています。

個人的にDLSS 3.0やAV1エンコードはおまけであり、これ自体に大きな価値はないのでRTX 4060については4.5万円ぐらいが適正価格ではないかと思いますが、RTX 4060 Tiとのポジショニングを考えるとこの価格に設定するのはなかなか厳しいのかもしれませんね。どちらにせよこの性能と価格ならRTX 4060 Tiと同じく発売日はまったく売れないと考えられます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 5.3万初値で適正が4.5万くらいでは?って話なら
    初動で全然売れなくてすぐそのくらいになると思うんだけどどうかな
    NもAもグラボは鳴かず飛ばずで値下げ傾向強いし…

  • 4060Tiはもう6万切りそうだけど全然売れてない
    3060の12GB版はAI需要で3060Tiと価格差が殆ど無い
    4060は全く売れないだろうけど4060Tiの16GB版は価格次第で人気出そう

コメントする

目次