NVIDIA GeForce RTX 3060 Tiが在庫処分値下げ。日本は5万円前半で販売中。

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
この記事は最終更新日から1年経過しています。掲載内容や情報が古い可能性があります。
  • URLをコピーしました!

NVIDIAでは2023年5月末頃にGeForce RTX 4000シリーズのメインストリーム向けモデルであるGeForce RTX 4060 Tiの発売を予定していますが、その前世代モデルとなるGeForce RTX 3060 Tiが次世代モデル発売に先立ち、日本を含め世界各国で値引き販売が行われているようです。

目次

NVIDIA GeForce RTX 3060 TiがRTX 4060 Ti登場に備えて在庫処分状態?日本では5.4万円台にまで値下がり。

NVIDIAでは2023年5月24日にGeForce RTX 4000シリーズのメインストリーム向けモデルであるGeForce RTX 4060 Tiの発売を予定していますが、この前世代モデルであるGeForce RTX 3060 TiについてはRTX 4060 Tiの登場に備えてNVIDIAでは近い内に生産を終了する事が明らかにされています。

NVIDIA GeForce RTX 3060 Tiが生産終了へ。RTX 4060 Tiとの競合を避けるため?

GeForce RTX 3060 Tiについては、RTX 3070に搭載されているGA104 GPUを搭載し、4864基のCUDAコアと、14 Gbpsで動作するGDDR6を8GB搭載し、バス幅は256-bitとなっており性能は比較的高いグラフィックスカードになっていますが、各社AIBでは生産終了と後継モデルの登場に備えて各種値引きやプロモーション販売を通じて残りの在庫を処分する動きが活発化しているようです。

[visualizer id=”27864″ lazy=”no” class=””]

日本での販売価格については2023年に入ってからは約6万円で販売が続いていましたが、3月に入ると6万円を切る、5.8万円ぐらいでの販売が最安値となります。そして、5月17日現在は5.4万円と5万円台前半という価格にまで下落しています。

価格の下落は5月に入ってから顕著に下がっている事からGeForce RTX 4060 Tiの登場に備えているものと見られています。そのため、RTX 4060 Tiの発売日と言われている5月24日以降には5万円を切る価格もあり得るかもしれません。(そこまで安いモデルの在庫があればの話ですが・・・)

海外でもGeForce RTX 3060 Tiが最大$ 100ほど値下げ。在庫処分へ

RTX 3060 Ti即将停产:疯狂杀价700元!赔本清库存–快科技–科技改变未来 (mydrivers.com)

RTX 3060 Tiの値下がりは日本だけではなく、中国でも確認されているようです。MyDriversによると、AIB各社ではRTX 3060 Tiの価格を下げてきており、GALAXでは最大$100の値下げを行っており、価格が高めなOCモデルに関しては当初は$459で販売されていましたが、今は$359で購入が可能となっています。この価格は北米のメーカー希望小売価格である$399を$40下回る価格になっています。

GeForce RTX 3060 Tiでは256-bitのバス幅などを備えており、1080pであればほとんどのゲームは快適にプレイが可能で、1440pでもグラフィックス重視のゲームでなければ快適なプレイが出来ます。そのため、DLSS 3.0やレイトレーシングにあまり興味が無く、RTX 4060 Tiの価格が上がる事に賭けるのであればRTX 3060 Tiを買ってしまった方が良いかもしれません。

RTX 3060 Tiについては比較的人気が高いグラフィックスカードなのですがこのように在庫処分を行う背景には高すぎるコストパフォーマンスが近々発売するRTX 4060 TiやRTX 4060の邪魔になるからかもしれません。ただ、もしかしたら単純に在庫処分をしたいだけかもしれませんが、この答え合わせはRTX 4060 Tiの価格と性能が判明すれば明らかになると言えます。そのため、もしRTX 4060 Tiにも興味があるけど、価格次第と言う所で迷っているという人は2023年5月24日までRTX 3060 Tiの購入は待った方が良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次