AI対応化がPC価格を15%程度上げる可能性。需要を大きく伸ばす材料にも?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

AI対応化がPC価格を15%程度上げる可能性。一方で需要を大きく伸ばす可能性も

ここ最近のPCでは生成AI向けにNPUを搭載することが主流になりつつありますが、今後このAI対応化などが原因でPCの本体価格が15%程度上がる一方で、需要も大きく伸びる可能性があるようです。

市場調査会社のCanalysによると、2024年に出荷されるPCについて約19%が高性能なNPUを搭載するAI対応PCを占めていますが、2025年にはこの割合が37%、2026年には53%と上昇し、2026年にはメインストリーム向けモデル含む、60%以上のPCがAI対応すると予測されています。

AI対応については2024年下半期からMicrosoftのWindows 11 24H2でCopilotやAI ExplorerなどのAI機能が導入される予定で、ハードウェア面でもIntelのArrow LakeおよびLunar Lakeを搭載するCore Ultra 200シリーズや、AMDのRyzen 9050シリーズでAI処理を担うNPUの性能が大きく向上する計画になっています。

ただ、AIへの対応は上述の通りNPUの性能が重要なのですが、このAI対応CPUの単価は高く、PCの販売価格については最大15%程度高騰する可能性があるようです。

実際にNPUを搭載するCore Ultra 100シリーズを搭載するPCはその前世代CPUを搭載するモデルより高値で販売されている傾向があり、間もなく市場投入されるQualcommのSnapdragon X EliteやPlus搭載ノートPCも比較的高い価格帯での販売が予定されています。

コメント

AI対応PCは現時点ではあまり役に立つ印象がありませんが、それでも多くのPCがCore UltraやRyzen 8040や9050などを搭載する方向であるため、AI対応PCのシェアが増えていくものと考えられます。ただ、このCore UltraやRyzen 8040/9050などAI対応を謳うCPUの価格は高く、ノートPC本体も15万円を大きく超えるモデルも多いため、本当にこのままシェアが上がるのかは個人的には疑問です。

ソース

Now and next for AI-capable PCs, Revolutionizing computing: AI PCs and the market outlook | Canalys

https://www.canalys.com/reports/AI-PC-market-forecasts

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次