AIブームがAMD Zen 5搭載Ryzen APUのGPU性能を低下させ、投入も遅れにも繋がった可能性

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

AIブームが原因でAMDの次世代Ryzen APU『Strix Point』のGPU性能が低下し、投入時期も遅延

ここ最近、話題が尽きないAIについては2024年下半期にはWindows 11に搭載されているAIアシスタントのCopilotがローカルでの動作に対応する予定と言われていますが、この機能に対応するにはAI処理を行うNPU性能が最低でも45TOPs必要と言われており、2024年4月時点で発売されているCPUは対応できていません。

そのため、AMDやIntelが2024年後半以降に投入するCPUではNPU性能が大きく高められると見られていますが、このAI対応に伴うNPUの高性能化でAMDが2024年末に投入予定のRyzen 8050シリーズ、通称Strix Pointについて多くのユーザーが求めているCPUやGPU性能が当初計画より引き下げられた事がリークされました。

Anandtechの掲示板に書かれたリーク情報によると、AMDのStrix Pointは当初の計画ではCPUとGPUで共有する16MBのキャッシュ容量を備えていたとのことです。この共有キャッシュによりZen 5 CPUとRDNA 3.5 GPUの性能は飛躍的に高まると見られていました。

しかし、AIブームとそれに伴い導入されるWindows 11のCopilot機能では最低40TOPsと言う非常に高い性能のNPUを求められるようになりました。この要件の追加に伴い、AMDではCPUやGPUの性能向上につながる共有キャッシュを犠牲に、Phoenixに搭載されているXDNAに対して3倍以上高性能なNPUを搭載する事に変更したようです。

実際に、AMDのStrix Pointについては最初のリークではNPUは20TOPs程度の性能になると言われていましたが、AMDが2023年末に行った発表ではStrix Pointに内蔵されるXDNA2はHawk Point内蔵のXDNAに対して3倍程度の性能、つまり48TOPs程度になると明らかにしています。

また、投入時期についても当初は2024年第二四半期から第三四半期にリリース予定と言われていましたが、最新のリークでは2024年末と遅くなっており、このXDNA2搭載などAIへの全面対応がStrix Pointの投入時期遅延に繋がっている可能性も高そうです。

コメント

ここ最近、AIをマーケティングとして使う場面が増えてきている印象があり、AIを使わなくてもいいものまでAI対応を謳いだしたりしています。特にその印象が強いのがWindows 11に内蔵されているCopilotで、例えばメールの文面を考えてくれるなどCoPilot Proの機能ならまだ使えますが、標準で内蔵されている無料版Copilotは何の役に立つのか分かりません。

さらにこれをわざわざNPUを使いローカルで実行する必要性も一般ユーザーであれば不要な機能と言え、そのために多くのソフトウェアで恩恵を受けられるCPUやGPU性能が削られるのは本末転倒と言えます。

AMDとしてもIntelがAIを前面に推す中で、Windows 11に追加されるAI機能がすべて使えないと言われてしまうとマーケティング的に悪く、売り上げに悪影響が出ると判断してCPUやGPU性能を多少犠牲にしてNPU性能を向上させたと言えそうで、AMDの判断が間違っているとも言えません。

個人的にはAI性能なんかより内蔵GPU性能を上げてくれた方が数倍購買意欲が上がるのですが、しばらくこのAIブームが続く限りCPUやGPU性能を多少犠牲にしても、NPU性能向上に焦点を当てた製品が増えるかもしれませんね・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 先に8945+4070、8845+4060のノート(最大70TOPSぐらい?)買って早まったかなと思ったけど、遅れそうなら失敗でもなかったかな
    どちらにしてももうノートと呼べる消費電力じゃなくなってるんですね
    ノートは5-7年に一回しか買わない、最後に買ったのがMBA

  • NPU専用のスロットをチップセットに搭載して別扱いにするか、
    業務用製品のみに絞ってクラウド上でAI利用すれば良いだけなのでは…?
    黎明期特有の業界規模の迷走ですね。

  • Windows12でNPU性能が統一されればxboxなどのCS機のようにゲームが作りやすくなると言うメリットもあります
    フレームレートや解像度と違いAI部分はゲーム性に影響が出るのでこれはいい判断だと思います

コメントする

目次